英文記事の翻訳

ロルフィング®を知っていただくために、ホームページの方には、10回のセッションや筋膜について記述しました。しかし、ロルフィングの根本にある5原則について書かないことには肝心かなめのところに説明がとどいていないと感じたので、5原則について短くシンプルに書いてみていたところ、

やはりある程度長い文章をしっかりと書いたほうがむしろ分かりやすいんじゃないか?と思うに至り、この5原則を作る際に中心的な役割を果たした人物Jeffrey Maitland Ph.D.のホームページの記事を訳すことにしました。彼から翻訳・掲載の許可を得られるよう頼んでみたところ承認されたので、以下に掲載します。

原文はこちらです。 http://www.jeffreymaitland.com/rolf/rolf_4_dev.html

ロルフィングの新しい発展についても書かれていて、多くの方のロルフィングの理解の助けになる文章だと思います。色々な方に読んでいただきたいです。



~ロルフィング®新たな発展~

1979年のアイダ・ロルフ博士の死後、ロルフィングの哲学面・科学面・アート面は著しい変化を遂げてきました。博士はワークを教える上での得策として、10回のセッションからなる定式的なプロトコル(formulistic protocol)をつくりだし、彼女はその特徴を示して“レシピ”と呼んだのでした。そのレシピには、コンセプトに抜けたところがなく、視野が広く、とても効果があって、様々な人がその恩恵を受けることができました。体系的な手技というものは定式的なプロトコルに依拠しているものです。彼女の10セッションレシピはパワフルで効果的ではあるものの、全ての定式的プロトコルがそうであるように、明らかな欠点をもっているのも事実です。

生来の素質として、定式的なプロトコルというものは、理想的な身体や理想的な状態というものが存在していてそれがノーマルさ(正常さ、normality)を構成していると決めてかかっています。まねるべき理想の身体があるという理論は身体的理想主義(somatic idealism)とでも呼べるものです。定式主義(formulism)と身体的理想主義には密接なつながりがあります。定式的なプロトコルは、同一のオーダーで同一の一連の介入を要求していて、どの身体にも同じ結果を想定してしまっています。そのため、定式的プロトコルはひそかに身体的理想主義を永続させる結果を生みます。不幸なことに、身体的理想主義は、身体はこのように重力と関係づけられるべきだとか、正常とはこういうことだという理念を持っていて、それは多くの人にとって不適切です。もっとはっきり言うなら、こうした理念に従うことをすすめるのは、苦痛をやわらげるどころか、機能不全をつくり出すことさえあるのが現実です。

定式的なプロトコルに共通してみられる他の欠点としては、ひとりひとりの固有性に沿っていくことができないことが挙げられます。これは、個別のニーズに応えようとすると手当て(treatment)の実施計画を維持できなくなるという結果を生みます。博士はこちらの欠点のほうは理解しており、彼女自身はいつもレシピに沿ってワークしたわけではありませんでした。しかし、もうひとつの欠点である身体的理想主義のほうについてはあまり明確に意識しておらず、理想の身体という考えを使って、クライアントの身体を評価したりワークの成果をはかったりしていました。

ロルフィングのロゴ(Little Boy Logo)は、典型的な姿勢・構造の変化の例で、これによってロルフィングが知られていますが、このロゴも身体的理想主義の一例としてみることができます。身体的理想主義を例示するように、このロゴでは垂直に描かれた重力線の周辺に配置された身体を図式的に示しています。でも、人間の中心が重力線に沿っているべきだという考えには問題があります。この考えは、身体がすみずみまで同じ密度であることをあらかじめ想定しています。しかしながら、人間の身体は重力の中で、積み上げられたブロックのようには組織されていないのです。このような理由で、重力線をどのくらいうまく身体が重力に関係づけられているかを評価する手段として用いるのには限界があるのです。

多くのロルフ研究所のアドバンストトレーニングの教師たちは、ロルフ博士の死後、身体的理想主義と定式主義が持つ限界を乗り越えようとする努力をはじめました。その結果、彼女の身体的理想主義は取り下げられ、どのようにして多様な精神生物学的(psychobiological)なタイプが重力の効果に影響するかの入念な評価がおこなわれ、ロルフィングの理論と実践に取り入れられるようになりました。どんなタイプの身体でもロルフィングの恩恵を受けることができます。しかし、ロルフィングの結果として、すべての成果が同じ形で出てくるわけでも、同じ精神生物学的なパターンを示すわけでもないのです。

身体的理想主義と定式主義について考えが及ぶと、今度はノーマルとは何かについてより適切に理解するという複雑な判断が求められるようになってきました。ノーマルのコンセプトを発展させることは、一般に受け入れられている理念を採用することではなく、統計上の平均でもなく、身体の外にある基準に従うことでもないのです。現在、ロルフィングが用いているノーマルの意味は、各個人にとってのふさわしさや最善さを指しています。それぞれのクライアントにとってのノーマルをみつけていくということは、定式的なプロトコルの方法にのっとって構造的な鋳型を押しつけていくことではなくて、発見のプロセスを進めていくことなのです。全人類にとって何がノーマルであるかの基準として提供できるひとつの形やパターンは存在しないので、各個人がそれぞれの環境下でそれぞれのノーマルを発見していくことが求められます。それはとても複雑なことで、その人の全存在をとおして何が自然で生来的なのかを、覆っているふたを取って見えるようにしていくようなことなのです。それぞれのクライアントにとってふさわしいノーマルさは、注意深く行われる感覚的で構造的なマニピュレーションと動きの教育によって徐々に明らかになっていきます。それは、各々がもつ変形しやすい性質(plasticity)が現われることを助け、制限をとりのぞいて生来の適応力を見つけていくことであり、その人がどのように環境に適応してきたかを考慮しながら行われるものです。全体性を生きることとは、自己を秩序だてたり、自己を調整したり、自己を感知するシステムがはたらいているということであって、生命に絶え間ないバランスや調和をもたらして、それらを洗練していこうとする継続的な試みによってそのシステムのキャラクター付けがされていきます。ノーマルとは理念でも固定的な状態でもありません。ノーマルとは発展の中で達成され続けていくものであり、人生の長い道のりの中で何度も何度も獲得しなおしていくものなのです。

身体的理想主義と定式主義は緊密に関わりあっているので、一方を捨て去るためにはもう一方も捨て去る必要があります。しかし、もし両方が捨て去られると、それらの恩恵を受けずにどうやって手当ての実施手順を決めるかという問いがかなり込み入ったものとなって迫ってきます。手技療法の多くの才能あるプラクティショナーや理論家がそうであるように、ロルフ博士もまた直観的には介入の原則を理解していました。しかし、原則をはっきりと述べることができなかったため、彼女は便宜上、10シリーズという定式的プロトコルの形を通じて、彼女の評価法・構造操作法を教えることになったのです。

臨床上の意思決定を手当ての実施手順と一連のものとするために、3つのシンプルな質問に答える必要があります。それは「私ははじめに何をするか。」「次に何をするか。」「いつ終えるか。」というものです。定式的プロトコルとそれに付帯している身体的理想主義の恩恵にあずかることをしないでこれらの問いに答えるためには、介入の原則を理解することが必要となります。“原則”という単語の意味は、基礎となる法、根本的な特性や価値観のことですが、ここで述べている原則中心的意思決定プロセス(principle-centered clinical decision-making process)での意味では、原則とは本質的なルールであって、それをもとに一連の推論を始め、手当てを続けていけるもののことです。こうした本質的な原則があることで、介入の指標や最善の人間活動が定義でき、それにしたがって、実施手順は本質的なルールと一連のものになっていくのです。

ロルフィングを含む第三パラダイム(*1)のアプローチは、全人的な(holistic)原則に基づいています。全人的な原則は全ての原則が達成されなければ、どのひとつの介入の原則も完全には実現されないと言明しています。全人的な原則では、どのように介入の原則が相互に連携して機能するかを述べており、より適切に言えばこれは背景にある原則(meta-principle)とでも呼べるものです。以下に全人的な原則に含まれる5つの本質的な介入の原則を示します。

ひとつめの介入の原則は”Adaptability”です。これは、知覚、アライメント、動きの新しいオプションに順応し受け入れるクライアントの能力です。介入はクライアントのAdaptabilityを越えない範囲内でなら、治癒に役立つと認められます。

“Support”の原則は、Adaptabilityの原則を具体的に応用したもので、構造への重力の影響についてのロルフ博士の理解に基いています。重力の中での変化をクライアント自身がサポートできるなら、介入は成功であると言えます。この原則が言及しているのは、介入によって身体の動きとアライメントのパターンが変化した後、クライアント自身が重力に適応できる能力のことです。さらには、クライアントが知覚と世界観の新たなシフトを表現し維持していく能力のことでもあります。

”Continuity”の原則はAdaptabilityの原則をさらに明確に具体化したものです。全体性を生きるとは、これ以上何かに還元できないひとまとまりの存在を生きるということであり、それゆえに、人間という有機体におけるどんなレベルの制限も、全て他のレベルに反映されていくとこの原則はとらえています。全ての介入はその人全体の連続性、組織、機能のありかたに影響します。そして、その人全体の機能のありかたいかんによって、介入がその人全体に影響していく様は増大していくこともあり、または制限を受けることもあります。Continuityは生きている全体性の中で、固定的であること(fixation)からの自由として現れてきます。Continuityの喪失は様々な形で目に見える形になりえます。例としては、関節の制限、エネルギーフィールドのゆがみ、適切なエネルギーの流れのブロック、興奮しすぎた神経・不活発な神経、主動作筋と拮抗筋のアンバランス、筋筋膜の緊張パターンや瘢痕、体腔嚢の緊張パターン、器官の自動運動性(motility)・可動性(mobility)の喪失、感情的(もしくは心理学的)問題、うまく機能しない動きのパターン、解離された世界観、等です。

”Palintonicity”の原則は、介入の成功とは適切な空間関係のある機能が存在することだと認識しています。例をあげると、後と前、右側と左側、上と下、内側と外側のバランスなどのことです。Palintonicityというのはギリシャの語”palintonos”から来ていて、反対側との統一性を意味します。反対側との統一性とは、空間的・身体的配置がもつ秩序であり、それは統合が近づくにつれ明確になってくるのです。それは、全ての構造の間、空間の中で現れ、統合された身体が空間を動くにつれて身体の面としても現れてきます。例えば、首、腰、骨盤に屈筋群と伸筋群のアンバランスがある人は、一連の反対側とのアンバランスを見せることになります。腹直筋が大腰筋よりも強いときには、屈筋と伸筋のバランスの喪失は外側と内側のアンバランスという形でも現れます。

“Closure”の原則とは、現状の制限の中で最大レベルの身体的・知覚的統合を達成したときには、手当てはそこで終了すべきであるというものです。

原則中心的意思決定プロセスに一致しつつ、「私ははじめに何をするか。」「次に何をするか。」「いつ終えるか。」という質問に答えるには、明確で秩序だった評価プロセスが必要です。その線に沿って、アドバンストトレーニングの教師達は念入りに作り上げられた分類(taxonomies)(*2)を発展させていっており、それらの分類は、構造的、機能的、エネルギー的な機能障害、葛藤した世界観、感情的・肉体的トラウマがどのように重力下の身体にインパクトを与えるかということについての詳細な理解へとつながる評価プロセスを方向づけるものです。広範囲での評価分類法の中で、何が経験的に観察可能かに基いて、原則中心的・非定式主義的意思決定プロセス(principle-centered, non-formulistic decision-making process)を作った結果、ロルフィングの理論と実践はついに定式主義と身体的理想主義の支配から逃れることができたのです。

原則中心的意思決定プロセスを利用するとき、プラクティショナーは、評価の分類それぞれにおいて、クライアントの何が固定的で、何が機能していないかをクリアに評価します。そして重力も含めた身体の全体的なつながりにおいて、どの問題が最も干渉となっているのか決めることも求められます。また、全体の評価の中で、どの局面に手当てするのがクライアント全体の利益となるかも決めていきます。ここで、プラクティショナーは介入の原則を使います。それは、用いられる介入から生じる変化に身体は適応でき、サポートでき、維持できるのかどうかを見極めるためです。

ロルフィングは、他にも多くの形で進化してきました。ロルフィングは痛みを伴う手技として始まり、長い間広く人々の心の中にはそうした評価が存在し続けてきました。しかしながら、ロルフィングのテクニックの幅は広がっていき、もっとソフトで識別的なセンスのあるタッチをも含むようになりました。これらの新しいテクニックは侵襲性が低く、身体を解放しうまく組織していくことがもっと明確に実現できていることもあるのです。こうしたよりおだやかなアプローチを経験したクライアントは、マッサージの経験のほうがロルフィングよりも心地よくないことに気づいて驚くこともよくあります。

また、多くの新しいソフトなテクニックが作りあげられ、それらは脊柱の関節面や身体の他の関節の制限を他の手技療法よりも正確に開放したりすることができるようになっています。ロルフィングは、他の手技の流派のテクニックとしてではない形で、これらの成果を達成したのです。これらのテクニックは、おだやかでしっかりした圧を用いて、固定性の元となっている小さな筋肉と靭帯にはたらきかけることで、関節の制限を問い直して身体全体を適切な位置に配置しなおすものです。ロルファーがはたらきかける理知的な圧の下で、筋膜と靭帯にある緊張パターンは和らげられるので、骨格やその他の身体構造は動きの制限となっている偏った位置から静かにシフトしていき、多くのレベルで動きの制限を解消していくのです。

多くのロルフ研究所の教師達は、生物学的な秩序に関する詳細な探求を続けています。ロルフ博士は身体をまとめあげることの重要性を理解し、全人的な生物学を希求していましたが、彼女は第一義的にはどのように身体が重力の中で組織されるかという観点から、身体の組織への問いを追及していく傾向がありました。重力との関係を考えずに人間の形態を理解することは不可能であることは間違いありませんが、同時に、身体がどのように重力に反応するかは身体それぞれの形態のもつ機能によることも事実です。博士は積み上げられたブロックのアナロジーを使って重力の中での秩序を理解しようしました。また、テントのアナロジーを用いて身体の張力的組織の秩序を図式的に理解しようともしました。これらのアナロジーはともにうまく要点を主張しています。しかし、無生物である素材を使って身体をなぞらえることによって、重要な点から注意をそらせてしまいました。それは、生きているものは無生物とは違った秩序をもつこと、また人間の身体は動物の身体とは違った秩序をもっているということです。

これらのアナロジーは、他の重要な点も覆い隠す結果を招いています。それは、生きているものは物質とは違って、重力に対して受身的に活動するわけではないという点です。有機生命体は自己を非有機体と区別し、周辺環境と区別し、また他の有機生命体と区別することによって生命のアイデンティティを確立しています。有機生命体は自己を組織し、自己を感知する能力をもっているので、その結果、常に変化し続ける内的外的環境の中に自己を適応させざるを得なくても、重力と周辺世界へ向き合って絶えず自己を定義し続けることができるのです。

有機生命体は機械や物質的構造物のように、パーツから継ぎ合わされていくものではありません。有機生命体は何かに還元することができず、形づくられる前のパーツがあってそれがまとまっているようなたぐいのものではない複雑な存在(complexity)です。有機生命体は、自己を感知する、継ぎ目のない全体(unified seamless wholes)であり、その全体そのものよりも根本的なものは何もない、どの局面やパーツも全体そのものよりも基礎的ではありえないのです。器官にしても骨にしても筋筋膜的な構造にしても、それぞれ形は違っているのは明白ではありますが、有機生命体のどのディテイルを取っても、それは同じ全体性、同じ生命体の表現形であって、このことは機械やテントやブロックの山とは違っているのです。有機生命体の全ての局面(ずぼらな言い方をすれば全てのパーツ)は、まとまりあるひとつの全体の表現形であり、どの局面も他の局面に互いに役立てられながら存在しており、どの局面も有機的に他の局面に関与しています。人間の形は動物の形から進化してできたもので、哺乳類に共通した解剖学的構造をもっていますが、人間の形態は動物とはかなり異なっています。垂直位で重力を受け取っていることで、人間の形態は動物に共通した構造を変化させることになり、自己で直立を方向付け、自己を感知し、自己が全体を意識することになっていったのです。

矯正的な技法には、重力の中での全人的な秩序を見落としがちな傾向があるので、局所的な処置がどう全体に作用するかをあまり考慮せずに、局所症状を扱おうとする傾向があります。疑いなく、全人的な身体技法は、ロルフ博士が主張したように、もっと生命の秩序の本質に目を向ける必要があります。何が人間の生物学的な秩序や形態を構成しているのかを問うことを通じて、ロルフ研究所のアドバンストトレーニングの教師達は理解を深化させつづけ、自己を感知する能力や、身体の自然な秩序を高めていくための新しい技法を発展させてきました。新しい局所的及び全体的なテクニックが開発され、それらは生来の微細な自動運動性と流体力学を利用し正常化することができるものです。また体腔内の内的な押しや引きを見て、それらが全体にどう作用するかを扱えるようなテクニックも開発されています。その他にも重力下の身体の秩序を高め、全体性をもって直立していく各個人固有の性質を増すように考案されたアプローチも作られました。

ロルフ博士は身体構造に重きを置いた研究をはじめたのですが、年月を経るにつれて教師達は、人体の機能、動きのパターン、多様なエネルギーシステムにも同じくらいウエイトを置いて研究していかねばならないと理解するようになってきました。それら研究対象は、肉体的・感情的トラウマの影響にも及んでいます。現在ロルフィングは筋膜や関節等々の身体構造にはたらきかけるだけでなく、動きを制限しているもの、抑え込まれた感情、トラウマ、神経学的に固定的な状態、知覚や世界観の混乱、エネルギーのゆがみ等の無意識的なパターンにもはたらきかけるようになってきました。

ロルフ博士は機能的アプローチがとても重要であると信じ、動きの教育の形式をつくりはしたものの、彼女はもっぱら構造的アプローチの発展に重きを置いていて、それは彼女の機能的アプローチをほぼ閉めだしてしまうほどだったのです。年月をかけて、ロルフムーブメントの教師達は、彼女の機能的アプローチを当初の考えを過去のものとしてしまう程にまで進歩させてきました。ロルフムーブメントのワークは治療的探求、身体的気づき、負担のない動きの教育へと進化してきたのです。ロルフムーブメントのプラクティショナーは多くのテクニックを用いてワークします。それらは口頭で教えること、タッチ、気づきを促すこと、その他の教育手法で、それによってクライアントは、重力や外界への関連づけを通じて、日々の活動の中で適切な動きの選択肢を見つけられるようになっていきます。

ロルフィングを心理療法の代替となるものにしてしまわないよう配慮しながら、教師達は身体にある感情的・肉体的トラウマの影響を理解し解放するための新しい手法を発展させてきました。これらロルフィングの進化は継続的に改良され、得られた新たな洞察と発見はロルフィングのワークの中に統合されていっています。
 

以下訳者による注釈
(*1第三パラダイム
ここでは主に第二パラダイムと対比されている。
第二パラダイム・・・ 治療的、矯正的、還元主義的パラダイムなどと呼ばれる。
第三パラダイム・・・統合的、全人的パラダイムなどと呼ばれる。

(*2Taxonomy
分類のこと。
幾何学的(Geometric
機能的(Functional
エネルギー的(Energetic
構造的(Structural
精神生物学的(Psychobiological)
等の分類がある。
 
ロルファーの中でシェアされている5原則というのは、
WholismHolismと表記されることもあり、ここでは、holisitic principleと記されています。)
Adaptability
Support
Palintonicity
Closure
の5つですが、この記事ではContinuityについても記述されています。