スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2015の投稿を表示しています

ロルフィング®は第3パラダイムに属する

先日、ロルフィング®について、説明会で話させていただく機会がありました。「マッサージや整体、その他の治療的な行為とロルフィングって何が違うの?」というところについて関心のある方が多い様子でした。 改めて大事なポイントだと感じたので、説明を再構成してここに記しておきます。 ◇  ◇  ◇ 整体、マッサージ、医療、手技療法、等々、 身体へはたらきかける方法は世の中にたくさんありますが、ロルフィング®の考え方の違いはどこにあるのでしょうか? ここでは、ロルフ研究所のFaculty member(教員)でもある、Jeffrey Maitland,PhD.の記述を参考に、3つのパラダイム( 考え方の枠組み)を提示してみます。 ☆第1パラダイム First Paradigm /  Relaxation シンプルにリラックスを目的としたもの。 マッサージなどで治療的な意図のないもの、 安らぎ感を得るためのものなど。 ☆第2パラダイム Second Paradigm /  Corrective 「治療」にあたるもの。外科的手術や矯正技法など。 症状を扱うもの。特定の痛みの除去を目的とするものなど。 ☆ 第3パラダイム  Third Paradigm /  Holistic 人間を心身共に一つの存在として見ながら、 その統合を助けるような全体論的なアプローチ。身体教育など。 ロルフィング®はこれに属する。 (質疑応答から、第2パラダイムと区別する必要があると感じたので以下のような説明をしました。) 例えば、膝が痛いという問題を抱えて最初のセッションを受けられる方は、膝がなおるかどうかに目がいくかと思います。お気持ちは分かります。 セッションを重ねるにつれ、身体の他の部位との連係で膝の状態も変わっていくことに気づくなどして、より全体的にご自身を見なおすことができるようになっていきます。そのようにして全体論的アプローチを体験される中で、パラダイムがシフトしていくことが多いです(第2→第3へというように)。 膝の問題は重要なことなのですが、私はそれが気にならなくなるような全体的なバランスを取り戻すにはどうすればよいかを考えながらセッションをすすめています。個別の問題を治しにいくのではなく、より快適な全体性を回復することをめざしてワー