スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2016の投稿を表示しています

ロルフィング®説明会 10月9日(日)開催

10月9日(日)13:30~15:00 、ロルフィング®説明会を開催します。 10月5日現在 2枠の空きがあります。 ロルフィングをまだ見たことがない、受けたことがない、 という方のために。 ロルフィングとはどういうものか基本的な説明をします。その後、 おひとりの参加者の方にデモセッションを提供します。軽いタッチ でもお受けになる方の自己調整がはたらいて、身体のバランスがと れてきます。 質疑応答の時間も設けます。 デモセッションが中心になりますが、 ご参加いただいた方の関心のある点や気になっていることもうかがった うえで、すすめていきたいと思います。 ロルファー™はどんな人で、 どんな風にロルフィングしているのか、目で見て確かめるいい機会 です。ぜひご参加ください。 オーガニックのお菓子も提供します。 定員4名 参加費¥500 開催場所はStudio aura ( 地図はこちらです。 ) ご予約の上ご参加くださいませ。 ご質問はお気軽にどうぞ。 連絡先:  rolfingmiyagawa@gmail.com     携帯:  080-5690-0250 ホームページ:  www.rolfingmiyagawa.co m

写真で見るBefore & After / モニタークライアント 第1~第4セッション

  Before1 / After2 / After4 写真をクリックすると拡大します。 6月に募集したモニターセッションのクライアントのBefore & After(第4セッションまで)の写真です。 モニターセッションでは、写真撮影時、身体のかたちが写るような軽装をお願いしています。提出していただいているレポートについては、 10回のセッション終了後の掲載を予定しています。 全体に圧縮されている状態から、 伸びやかな姿勢へと変化してきています。 矯正処置などは一切加えていません。とても軽く触れて、経過を見守るようなセッションになっています。 完全な定点撮影ではないので、写真には僅かに誤差があります。写真の撮影・掲載はご本人の同意を得て行っています。

テーマは"足" / 単発セッションを提供します。(期間限定)

普段は、10回シリーズでのみロルフィングを提供していますが、 足をテーマに単発セッションを提供することにしました。 足は、身体全体の縮図。 このセッションでは、足だけを見るのではなくて、 足を通して身体全体のつながりを見なおしてゆきます。 ロルフムーブメント™的なアプローチ(動きを見るセッション)をする予定でおりますが、 お受けになる方の課題となっていることや、お困りのことに応じながらセッションをすすめていくことにします。( とても軽い圧によるワークのみ行います。) セッション後、地に足が着く感じや、 足と身体全体とのつながりを再確認します。 お申込みをお待ちしています♪ ・セッション料金 ¥11,000 ・セッション所要時間 約70分 ・募集期間 2016年11月20日まで。 募集人数は4名様までとさせていただきます。 ・問い合わせ・申込み先 メール  rolfingmiyagawa@gmail.com セッションの場所は通常どおりStudio auraになります。 地図  http://www.rolfingmiyagawa.com/place.html ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

自分の感じ方を尊重する

  ロルフィング®に興味はあるけれど、 実際に受けるかどうか決められない、 どのように決めていけばいいか分からない、 という方もいらっしゃるようです。 どのように決めればいいか、シンプルに言うと、 自分の感じ方を尊重して決めていくのがいいと思います。 例えば、有名人が受けているからといったことで決めないで、 自分の感じ方で決めたほうがいいセッションになるはずです。 受けてみたいのであれば、ロルファーに連絡を取ってみるとか、説明を聞いてみるなどしてみて感触をつかんでみるのもいいし、いつ受けるかというタイミングも、自分のタイミングで、”今”というのがあるかもしれません。 セッションが始まってからも、 自分がどう感じるかということは大事になってきます。 「やってもらって、自分の身体が良くなればいいだけ。 自分がどう感じるかなんてどうでもいいこと。」 と考えているのだとしたら、ちょっと待ってみたほうがいい。 ロルフィングは、 姿勢を良くするためのものというだけではなくて、 受けられる方その人が、いまここにくつろいでいられる状態( well-being)を見つけていくためのものとも言えます。 新しく見つかった身体のポジションが、 その方にとってここがいいという場所になっていくことが大切です 。 そのためには、 感じる主体であるあなた自身がセッションに参加している必要があ ります。 予備知識など無くても気軽に受けていただけるものですが、 ただ一方的に受けていればいいというわけではなくて、 主体的に参加するものだということをちょっと押さえておくとうま くいきやすくなります。