スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2016の投稿を表示しています

ロルフィング®10回シリーズの体験談 

ロルフィング10回シリーズを受けられたクライアントSさまのケース。 Sさまには、ロルフィングを受けられた後、感じたことや気づいたことについて、メモを取ってみることを提案しました。10回シリーズ終了後、まとめたものを提出していただけたので、ご本人の許可を得てここに掲載します。 これは一個人の体験を綴ったものです。ロルフィング10回シリーズの一般的な説明ではありませんが、セッションはどんなものか、参考になればよいなと思っています。    ◇   ◇   ◇ ロルフィング体験について 1  きっかけ 広瀬裕子さんの「50歳からはじまる、あたらしい暮らし」 でロルフィングをはじめて知る。興味をもち検索すると、 タイミング良く説明会があり、参加した。 説明会は自分も含めて2人。1人が実際のロルフィングを体験し、 私は見学。体験した人が「何か、わからないけど、すごい、 体験してほしいくらい。」と話されていた。私は、その時は「 へぇ、そうなんだ」と思っただけだった。 説明会が終わり、 先生に紹介されたお店をのぞいてみることにしたのだが・・・。 歩くのが楽。元気にすいすい歩けるという実感があり、 その様子を身体の細胞が喜んでいるような錯覚を覚えた。「 これが、ロルフィングの効果であれば、直接施術を受けてみたい」 と思い、説明会会場に引き返した。 運良く時間を頂けることになり、その日にロルフィング1回目。 《※ 当日のご予約はできませんが、 かなり遠方からお越しになっていることも考慮してお受けしました。( 宮川)》 2 自己紹介 その頃の自分の身体のイメージは、「いつも身体の不調がある」。ウィークポイントとして、 自分の身体の左側が弱いイメージがあった。 5年前位の追突事故の影響で、 左の頸から左手にかけての凝りやしびれがある。 幼少期に左股関節の臼蓋形成不全で治療したことがあり、 長時間バスに座ると、左の股関節が痛み足を引きずって歩くなど。 身体の健康を保ちたくて、整体、カイロプラクティック、 筋肉整体などに通い、クラシックバレエ、ヨガ、 ピラティスなどを経験。元看護師で、現在の仕事は健康づくりに関する公務。 ロルフィングを受けるにあたって、 自分の身体の感覚を確認していきたいと思い、 インターネットなど他からの情報は

いただいたご感想

先日、クライアントの方からセッションのご感想をメールしていただきました。ご本人の許可を得て、ここに掲載させていただくことにします。 49歳 女性 事務職の方からです。 ◇ はじめ、実はあんまり信じていませんでした 10年以上も治らない首と肩の痛みが、 たった10回のセッションで治るものかしらと。 1~3回目の後、からだ全体が軽くなったのを感じました。 立っていると ゆらゆらして身体が楽なポジションを探しているような でも、足の裏は地面にピッタリついてる。 7回目の後、肺が大きくなって身体の中に広い空間ができた。 息を深く吸い込むと少し体が起き上がり、 前かがみになっていた事に気づく。 頭が上がって、視線が遠くに向かう感じ 今でも、仕事中(デスクワーク、目を酷使する)には首や肩が痛くなりますが 仕事から離れて歩き始めると痛みを感じなくなる。 胃が痛くなることが多かったのに、痛くならない。 鼻の通りが良くなって呼吸が楽になった。 少し背が高くなったかも? 今は、座っているより立っている方がずっと楽です。 次回で卒業です。 ありがとうございました。 ロルフィングムーブメントもいつか受けてみたいです。 ☆追記 11/17 10回シリーズのBefore & Afterの写真を掲載します。 撮影・掲載には、ご本人の同意を得ています。  Before 1 / After 3 / After 10

写真で見るBefore & After

身体のバランスを全体的に見なおすためにロルフィング®10シリーズを受けられている女性クライアントの事例です。 Before 1では、身体が下に沈みこんでいるように見えます。かかとに負担がかかる立ち方になっているようです。 After 9では、沈み込みは減り、上への方向性が出てきています。力まず自然に立てていますね。 Before 1 / After 3 / After 9    左足裏のかかと前方に魚の目があり、なかなか治らなかったそうですが、第7セッションのときに完全に無くなったとの報告をいただきました。接地面との間で擦れてしまっていたのが、立ち方が変わって擦れなくなったためと推察されます。 魚の目に限らず、足のトラブル全般も、立ち方全体が変わることで結果的に解決することがあります。 ※完全な定点撮影ではないので、写真にはわずかに誤差があります。服装の選択、写真撮影、掲載はご本人の同意を得て行っています。