ロルフィング®10回シリーズの体験談 

ロルフィング10回シリーズを受けられたクライアントSさまのケース。

Sさまには、ロルフィングを受けられた後、感じたことや気づいたことについて、メモを取ってみることを提案しました。10回シリーズ終了後、まとめたものを提出していただけたので、ご本人の許可を得てここに掲載します。

これは一個人の体験を綴ったものです。ロルフィング10回シリーズの一般的な説明ではありませんが、セッションはどんなものか、参考になればよいなと思っています。


   ◇   ◇   ◇


ロルフィング体験について


1 きっかけ

広瀬裕子さんの「50歳からはじまる、あたらしい暮らし」でロルフィングをはじめて知る。興味をもち検索すると、タイミング良く説明会があり、参加した。

説明会は自分も含めて2人。1人が実際のロルフィングを体験し、私は見学。体験した人が「何か、わからないけど、すごい、体験してほしいくらい。」と話されていた。私は、その時は「へぇ、そうなんだ」と思っただけだった。

説明会が終わり、先生に紹介されたお店をのぞいてみることにしたのだが・・・。歩くのが楽。元気にすいすい歩けるという実感があり、その様子を身体の細胞が喜んでいるような錯覚を覚えた。「これが、ロルフィングの効果であれば、直接施術を受けてみたい」と思い、説明会会場に引き返した。

運良く時間を頂けることになり、その日にロルフィング1回目。

《※ 当日のご予約はできませんが、かなり遠方からお越しになっていることも考慮してお受けしました。(宮川)》


2 自己紹介

その頃の自分の身体のイメージは、「いつも身体の不調がある」。ウィークポイントとして、自分の身体の左側が弱いイメージがあった。5年前位の追突事故の影響で、左の頸から左手にかけての凝りやしびれがある。幼少期に左股関節の臼蓋形成不全で治療したことがあり、長時間バスに座ると、左の股関節が痛み足を引きずって歩くなど。

身体の健康を保ちたくて、整体、カイロプラクティック、筋肉整体などに通い、クラシックバレエ、ヨガ、ピラティスなどを経験。元看護師で、現在の仕事は健康づくりに関する公務。

ロルフィングを受けるにあたって、自分の身体の感覚を確認していきたいと思い、インターネットなど他からの情報はほとんど入れないようにした。


3 ロルフィングの経過&その回に残った言葉など

1回目
・呼吸が楽になった。子どもの頃のように深呼吸が本当にできる感覚を取り戻した。
・頸の回旋: 右向き、左向きの可動域に左右差があったのが改善。右向きができるようになった。うつぶせで右を向けるようになった。
・背中で手を交差→左右差あったが。同じになった→左側が改善した。
・頸が頭を載せる位置が変わった。頸のつまりがとれた。頸の上に骨が一個増えた感覚。
・足の指が使える。足の裏全体が床につく感触。きちんと立てている自覚。
・身体を捻って歩くことができる。

2回目
・以前より、「自分の身体」という意識が高まってきている。「いつもがんばってくれているんだ」ということに今さらながら気づく。
・足の指に触れられるだけで、触れられた方の足が伸びていく感覚がある。
・疲れにくくなったような気がする。
・身長、2mmのびた。
→高校卒業時(30年前)161.4cm、30代後半からクラシックバレエを始めて162.0cm
現在 162.2cm

3回目
・親指・小指が存在しているという確かな感覚を感じる。腰から親指も小指もつながっているということが実感できる。
〈安心・安全・快適なところの確認〉という言葉が印象に残った。

4回目
・立位時に内側比重をひしひし実感。
・ピラティスの時、「コア」を意識しやすい。

5回目
・疲れたら、身体が休みたがる。無理できなく(したくなく)なった。それに伴って、せっかちだった動作が少し落ち着いたように思う。
・一日外出すると、足や股関節、腰が痛んでいたが、朝から夜遅くまで外出しても、身体の不調が出ない。
残った言葉〈自分の健全さを信頼することが大事〉

6回目
・胃が楽。食べる量を身体が決めるイメージ。
〈基本は体の声。決めるのは自分〉

7回目
・施術中、頸が勝手に左を向く→何かを訴えていたよう。その後、左の苦手意識薄れた。
・首の後ろに1本筋が入った。
・胴が短くなった気がする。
・身長伸びた。162.9cm(職場に身長計があり、同じ身長計で測定)

8回目
・肩に非常に力が入っていたことに気づく。施術後、背中の動きの連動が良くなった。肩をひねる動作がスムーズ。
・途中、手足が自由になりすぎて、やくざのような歩き方になり、びっくり。無事統合してもらい普通の歩き方になった。

9回目
・左右の視野が広くなった→自分の横を意識できるようになった。
〈リラックスできた方が自分を表現できる〉

10回目
・トータルに身体のちょっとしたことを調整していただいた回だったかも。
・首のうしろがすっきり、胃が楽など。


その他・・・
・足を組まなくなった。頬杖をつかなくなった: 身体のバランスがニュートラルになった。
・入眠時、横寝できるように: 以前は仰向けでないと、寝入ることが出来なかった。
・身体への意識が高まった。「いつもありがとう」という気持ちが身体に対して出る。無理すると身体がサインをきちんと出してくれる→眠くなる。
・「足の指がここ」「股関節はここ」という身体の部位への意識が高まった。
・ウィークポイントだった(と自分で思っていた)頸、腰への苦手意識が減った。
・特に頸と股関節の可動域が広がった。歩幅が広がった。
・重力にさからわない。緊張しない。自然な動作(身体が動かしたい方向に、無理なく動くことができる):  リラックスして生活できているように感じる。
・食べ過ぎなくなった。身体に必要ないものは、食べたくなくなった。
・体重は変わらないが、ウエストができた。どんなにやせても、寸胴だったのですが・・・。
・両足の親指と人指し指の間にあったタコが小さくなった。(左はほとんどなくなった。)
・自分の身体のイメージとして、空間にぷよぷよふわふわしていたものが締まった。
・痛みがある部分を、今までは「痛いなぁ」ですませていたのに、「何かぶつぶつ言いたいんだなぁ」「今日は頑張ってくれてありがとう」と優しくできるようになった。
・身体の疲れが取れるまで寝ると、痛みも治癒するようになり、今までより自分の身体を信用できるようになった。


4  全体を通しての感想

施術後の効果が持続しており、今まで受けたどの身体的セッションよりも、自然になじんで、身体自体が変化した印象です。身体が変わると、気持ち(精神的)にも余裕ができ、以前よりも「頑張らなきゃ」とか「急がなきゃ」という無理する気持ちが減りました。

ゆとりを持って生活を送れています。例えば、行きたいイベントや用事がある時に、身体の調子や気持ちを確かめて、いい意味で「しない」判断もできるようになりました。また、仕事上で何か起こった時に「とりあえず、受け止める、認める」ようになったと思います。

身長が半年で9mm伸び(4回目の年女です)、私は今までずいぶん縮こまって生きてきたんだなぁと思いましたが、それは周り(環境)のせいではなく、きっと自分自身でそのようにしてしまったもの。自分を信頼して、自分の身体や気持ちをどのようにしたいのかを感じて、自然体でできるとすごく楽で、今の身体が本来の自分なのだろうと思います。

実際には組織の中で仕事したり、地域社会の中で役割を果たす必要もあるので、理想通りにはいかない場合も多いですが・・・。今後も時々、立ち戻って自分を確認したいと思っています。

地方在住のため、ロルフィングを受けるために自家用車で片道3時間半。時間も期間も(お金も)かかりますが、そこをひっくるめても、身体や気持ちの変化を実感していく喜びの方が非常に大きかったです。体験がないと実感しづらい、説明しづらいのが残念です。可能であればたくさんの人に体験してほしいです。