スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2017の投稿を表示しています

1月14日(日) デモセッション会のお知らせ 

2018年1月14日(日) ロルフィングのデモセッショ ンを行います。 開催時刻は13:00〜15:30です。 今回はロルフィングとは何かという説明は短めにして、 参加者の方の身体の状態をうかがってから、デモセッションを行う、という流れを予定しています。 2名様のデモセッション枠を設けます。 美味しいオーガニックのお茶とクッキーがあります。食べて、見ているだけでもOKです。ご質問などをしていただくこともできます。 参加費は¥1000です。 タッチ(とても軽く触れます) やセッションの流れなどを体験したり、目で見て確かめるいい機会になります。ご参加をおまちしています。 開催場所: 札幌市中央区大通西18丁目1-12カンダミニアム大通502号室 東西線「西18丁目」駅1番出口を出て徒歩2分。 新しくOPENするセッションルームです。 地図はホームページの こちらのページ をご覧ください。   開催者: 宮川慎一郎(米国Rolf Institute公認ロルファー™、ロルフムーブメント™プラクテ ィショナー ご予約 お問い合わせ  メールアドレス  rolfingmiyagawa@gmail. com 電話 080-5690-0250(出られないこともあります。) ☆ロルフィング®はアメリカの生化学者アイダ・ロルフ博士によって開発された、より自由な身体の構造や動きを取り戻すためのメソッ ドです。主に横になって受けていただくもので、ロルファー™(ロ ルフィングを提供する人)は手技や言葉がけを通じてワークします 。 ☆ロルフィング® in 札幌 ホームぺージは こちら です。

セッションルームと窓

ロルフィング®の正式名称は、Structural Integration、日本語にすると、身体構造統合法、 というような意味になります。 セッションでは、もちろん身体を扱うわけですが、 セッション中ずっとクライアントの身体だけを見ているのかという と、そういうわけではありません。 身体をあまりじっくりとは見ていないことも自分の場合よくありま す。 ロルフィングは、ロルファー™とクライアント、 人と人の関係性のやりとりですが、同時に、人と重力や、 人と空間の関係性もセッションに含まれます。 (創始者アイダ・ロルフ博士は、"我々はセラピストではない。重力場 gravitational field こそがセラピストである"と述べています。) 身体を見ている、というよりは、身体と重力や、 身体と空間との関係性を取り持っている、というほうが、 表現として自分はしっくりきます。 ◇ 身体を「施術対象」として見ているだけだと、 どことなく行き詰まった感じがしてきます。自分は、 実際に身体のどこかがちょっと詰まってくる、、。 そういうときは、目先を少しだけ変えます。 意識を窓の外にちょっとだけ向けてみることもあります。 最近は、雪の風景などが、入って来ますね。 こうして、場(field)を見なおし、 自分の居場所を見つけなおしているわけですが、"ここ" というところに、自分が居られるようになると、 クライアントの身体も共鳴・同調して、その人なりの、"ここ" を見つけやすくなります。 クライアントの身体をまた見なおすと、 それだけで固まっていたところに動きが出てきたり、 狭めていたところに拡がりが出てきたり、 といったことが起きてきます。 まず、自分自身の居場所をしっくりくるものにすること。 それから、クライアントを見なおす感じです。 これは、ちょっと分かりにくいかも知れませんが、 正しい姿勢を取らせる、というのとは、 全然違うことをしているわけです。 その人がその人なりの、"ここ" という居場所を内側から見つけるのをサポートしている、 とも言えます。 そのために、まずは自分のほうが、 自分の居場所を見つけておくことが大事になります。 施術テクニ

11月23日(木)勤労感謝の日 デモセッションを行います

11月23日(木)勤労感謝の日に、 ロルフィングのデモセッショ ンを行います。 *残りのご参加枠は1枠です。(11/20現在) 開催時刻は13:00〜15:30です。 今回は、ロルフィングとは何か、 という説明をメインに進めていくのではなく、 参加者の方のご希望やお困りのことなどに応じて進めたいと思 います。 2名様のデモセッション枠を設けます。 超美味しいオーガニックのお茶とお菓子(マフィンとクッキー) があります。食べて、見ているだけでも大丈夫ですし、 ご質問などをしていただくこともできます。 定員4名 参加費は¥1000です。 タッチ(とても軽く触れます) やセッションの流れなどを目で見て確かめるいい機会になると思い ます。ご参加をおまちしています。 開催場所: Studio aura  地図はこちら  ( ホームページの地図ページへのリンクです。) 開催者: 宮川慎一郎(米国Rolf Institute公認ロルファー™、ロルフムーブメント™プラクテ ィショナー ご予約 お問い合わせ メールアドレス:  rolfingmiyagawa@gmail. com 電話 080-5690-0250(出られないこともあります。) ☆ロルフィング®はアメリカの生化学者アイダ・ロルフ博士によって開発された、より自由な身体の構造や動きを取り戻すためのメソッ ドです。主に横になって受けていただくもので、ロルファー™(ロ ルフィングを提供する人)は手技や言葉がけを通じてワークします 。 ☆ロルフィング® in 札幌 ホームぺージは こちら です。

ロルフィング®説明会 9月3日(日)開催

ロルフィング®説明会を開催します。 日時は、 9月3日(日)16:30〜18:00 です。 ロルフィングの予備知識が全くなくても、ご参加いただけます。 ・過去のセッション例の紹介(Before and After) ・ミニデモセッション を中心に進行します。 質疑応答の時間も設けます。 ロルファー™はどんな人で、どんな風にロルフィングしているのか 、目で見て確かめるいい機会です。ぜひご参加ください。 美味しいオーガニックのクッキー も提供します。 定員各4名 参加費¥500 開催場所はStudio aura 中央区大通西23丁目2-25 ( 地図はこちらです。 ) ご予約の上ご参加ください。 ご不明な点などございましたら、何なりとお尋ね下さい。 休業日にも、メールには24時間以内に返信いたします。 連絡先:  rolfingmiyagawa@gmail.com     携帯:  080-5690-0250 ホームページ:  www.rolfingmiyagawa.co m

10回シリーズ後 半年経過したクライアントからのご感想

ロルフィング®10回シリーズを受けられて半年たったSさま(女性)にご感想を書いていただきました。 身体的な経験を言葉にするのはなかなか難しいところもありますが、膝のことに絞ってうまくまとめていただきました。ありがとうございます。 ◇   体を動かす事が好きで、四十代まではマラソンに熱を入れていました。ウルトラマラソンも挑戦しようかなどと思っていましたが、半月板を損傷してしまいました。 医師からは手術を勧められ、私もまだスポーツをしたかったので、しばらくリハビリに通い、手術に備えることにしました。リハビリでは歩き方の改善などにも取り組み、自分の筋肉のつき方や、体の動かし方のクセなどに理解が深まってきました。 すると、「このまま手術しても激しい運動をすればまた膝を痛めてしまうのではないか」「もう少し根本的なところで体の動かし方を変えて、それを自覚しなければ、この先も膝のトラブルに苦しむのではないか」と思うようになりました。縁があって一度整体を受けましたが、症状は緩和されたものの私の思うところとは少し違うようでした。 ロルフィングは、治療をうたったものではありませんが、結果的に私の膝には大変良かったようです。膝の痛みや不安感はもちろんなくなりました。体の重心の位置が変わり、脚の筋肉の付き方が変わりました。足の裏のマメやタコがなくなり。足の指の間がゆったりひろがるようになりました。10回のシリーズが終了してからも、外反母趾が少しずつ軽減し続けています。 膝のことに絞って述べてみました。というのは言い出すときりがなく、言葉で説明しにくいためでもあります。 10回のシリーズが終了して半年ほどになります。ロルフィングは自分の身体についての意識がとても深いところで変わる経験でした。「私の身体」のあり方が変わるということは、つまり「私」自身が変わることにつながるようです。さらにそれは私と周りの人との関係にもゆっくりと波及してゆくものだと、感じています。   ☆ Facebookページをはじめています。いいね、してもらえるとうれしいです。フォローしていただけるとブログの更新時にも表示されます。  

Before & After 4年間

以前このブログで紹介したことのあるクライアントの事例ですが、 その後の経過をレポートします。東京での出張セッションです。 70代の頃に腰椎圧迫骨折を経験されている方で、「 身体が傾いて歩きにくい。前を向けない。」とのことで、 最初のご依頼がありました。  クリックすると拡大します。 一番左の写真は2013年春(89歳) 一番右は2017年春のものです(93歳) 一番右以外は、ロルフィング10回シリーズ中の写真です。 矯正的な手法は一切用いていません。軽い圧のタッチのみでワークしています。 1年半ほど前、風邪で寝ていたので体力が落ちたということで、 再度ご依頼があり、セッションを再開しました。 その後 、椅子に座って寝ていた際、 床に落ちるなどのアクシデントもあり、 セッションを約月1回のペースで継続し、終結しました。 身体の自己調整がうまく発揮されるようにワークしていけば、 身体は自らを再配置できます。 居心地のいいポジションを見つけることができ、 それが定着していきます。 元に戻ってしまうことはないのですが、新たな制限が加わるとか、 かなりご高齢の場合などには、 メンテナンスのセッションを受けたほうがよいこともあります。 ロルフィングを受ける前は、医療機関などで姿勢について「 年齢のせい」などと言われていて、 前を向いて歩くことはもうできないかも、と思っていたそう です。 自己調整能力は生きている限りどなたにもあるもので、 そこを見てセッションを重ねていけば、 身体は本来のあり方を思い出していきます。 年齢は関係ありません。 ・写真・文章の掲載にあたり、ご本人からの許可を得ています。 ・完全な定点撮影ではないので、僅かな誤差はあります。 ・身体の統合プロセスはひとりひとり異なります、あくまでもひとつの参考事例としてご覧ください。

ロルフィングのアプローチって?

ロルファーとして、人の身体という組織を見るということ、これは、他のアプローチとは異なるところがあるのですが、そのあたりのことを言葉にしてあまり説明してきていませんでした。 受け始めてすぐに違いを理解される方もいるのですが、他のアプローチとどう違うのか、分かってくるまでに、時間がかかることもあります。 できれば、早い段階で分かり合えたほうが、お互いにとってよいと思うので、たとえを使って説明してみようと思います。 身体を、身体以外の組織、ここでは会社組織にたとえてみて、そこに対するアプローチを、便宜上AとBに分けてみます。 A ある部署で、仕事がうまくいかなくなりはじめた。 そこで、どこで問題が起きているのか特定したり、誰が原因を作っているのかを見つけて、そこを直すことで、再び正常に機能する組織に戻そうとするアプローチ。 これは身体で言うと、肩が重いとか、腰が痛いとかいう、何かの問題があって、 そこから、問題はどの関節なのか、どの筋肉なのかなどと探って、特定して、それを直して、正常な身体に戻す、というようなアプローチですね。 整形外科などに行けば、ほぼこうしたアプローチを受けることになると思われますが、これがロルフィング的かと言うと、そうではない。 B 会社で言うと、まず、みんな一緒にいるのだから、協調しながらお互いうまくやっていきましょう、という発想から始まる。 ひとつの部署で問題が起きたとしても、その部署だけに改善を迫ったり、そこだけに問題をかぶせるのではない。他からどういうサポートが得られると、そうした問題は発生しなくなるか、という発想で取り組む。 問題が発生してから、アプローチを考えるのではなく、より快適に仕事ができる組織を、いつも目指している。 身体で言うと、「腰痛」という部分の問題に対して腰をこうする、というようにひとつの部署内での解決を目指すのではなく、 他と連携を取りやすい位置取りや、協調しやすい動きを提案するなどして、腰の仕事の負担を軽減するように導いたり、といったことをする。 ロルファーはセッションごとに各部署を回りはするが、そのときは、組織全体のために仕事をしてもらうよう促している、といった感じです。 ◇ Aのほうは、フィードバック。問題をフィードバックして、それを直す

ロルフィング®説明会を開催します。

ロルフィング®説明会を開催します。 日時は 5月27日(土)16:00~17:30 6月11日(日)14:30~16:00  まだ空きがあります。6/8現在 です。 ロルフィングをまだ見たことがない、受けたことがない、 という方のために。 ロルフィングとはどういうものか基本的な説明をします。その後、 おひとりの参加者の方にデモセッションを提供します。軽いタッチ でもお受けになる方の自己調整がはたらいて、身体のバランスがと れてきます。 質疑応答の時間も設けます。 デモセッションが中心になりますが、 ご参加いただいた方の関心のある点や気になっていることもうかがった うえで、すすめていきます。 ロルファー™はどんな人で、 どんな風にロルフィングしているのか、目で見て確かめるいい機会です。ぜひご参加ください。 オーガニックのお菓子 も提供します。 定員各4名 参加費¥500 開催場所はStudio aura 中央区大通西23丁目2-25 ( 地図はこちらです。 ) ご予約の上ご参加くださいませ。 ご質問はお気軽にどうぞ。 連絡先:  rolfingmiyagawa@gmail.com     携帯:  080-5690-0250 ホームページ:  www.rolfingmiyagawa.co m

テーマは”肩” 単発セッションを提供します。

普段は10回シリーズのみでセッションしていますが、肩をテーマした単発セッションをすることにしました。(2017年6月1日まで) ロルフムーブメント™的なアプローチ(動きを見るセッション)をする予定ですが、お受けになる方のご要望や気になっていることもうかがったうえで、進めていきたいと思います。 肩は肩だけで動いているわけではなく、 身体の他のところとの連携で動いています。 肩まわりの筋・筋膜中にある固有受容器が使われて感覚が目覚めてく ると、本来の筋・筋膜の長さが自然と分かって来て、 結果的に肩まわりの緊張も取れてきます。 ゴリゴリ押したり、強いストレッチなどしなくても、 身体の内側からの感覚的気づきで、 肩まわりはすんなり動くようになります。 肩まわりは、 寒い冬の間ですと縮めておきたいところでもありますが、 暖かくなってきたので、いいタイミングではないでしょうか^_^ ご不明な点などございましたら、お気軽におたずねください。 rolfingmiyagawa@gmail.com ・セッション料金 ¥11,000 ・セッション所要時間 約70分 セッションの場所は通常どおりStudio auraになります。 地図  http://www.rolfingmiyagawa.com/place.html お申込みをお待ちしています。

モニタークライアントの10回シリーズのレポート

モニタークライアントのTさま(30代男性)に、各回のセッションの後感じたことや気づいたことをレポートしても らいました。 10回シリーズの期間は、2016年7月から2017年1月までです。 モニターセッションでは、写真撮影時、身体の形が分かるような軽装をお願いしています。Before and Afterの写真は記事の中盤と最後にあります。先に見たい方は下にスクロールしてご覧ください。 レポートをお読みになる前に、以下のことをご確認下さい。 ・ロルフィング®の目的は、 身体を重力に対してバランスの取れた状態へ整えることです。 ロルフィングは医療行為ではなく、心理的な不調に対しても、 治療や診断をするものではありません。 ・以下の文章は、一個人のご感想であり、 ロルフィングの一般的な説明ではありません。 身体の統合プロセスはひとりひとり異なります。あくまでもひとつの参考事例としてお読みいただければ幸いです。   ■    ■    ■    ■      ① 初回セッションのレポートです。 セッション後の感想としては、 身体的に大きな変化があったというよりは、 自分の不調に気づけるようになったことが大きかったと思います。 ・ セッション前は椅子に座るときに足を組まないと落ち着かなかった のですが、足を組まなくても少し楽に座れるようになりました。 坐骨の右側にも重心が乗るようになった感じです。 ・立ち上がるときの軽い立ち眩みがなくなりました。 これまで立ち眩みがあったことさえ意識してなかったのですが、 しゃがんだ状態から立ち上がったときに、 いつもならこのタイミングで立ち眩みがあったなと気づきました。 お風呂の湯船から出る時なども軽いめまいがしたのですが、 ほとんど無くなりました。 ・大きく息を吸い込むと、腰のあたりも膨らむようになりました。 相変わらず胸のあたりは、 締め付けられるような息苦しさがあります。 ・セッション中の、 人との距離感によって身体感覚が変わってくるという体験はとても 面白かったです。 狭い通路で人とすれ違うときや他人の前を通る時に、 自分の体がぐっと力んでいることに気がつきました。 ・セッション後から、 ときどき全身に軽い痺れのようなものが走るようになりました。 一瞬ですが、弦を弾い

翻訳記事 ”ロルフィング®新たな発展”

今回は、3年前にブログ掲載した翻訳記事を再度UPします。 筆者はJeffrey Maitland Ph.D.  ロルフィングの5原則を作る際に中心的な役割を果たした人物です 。 翻訳は宮川が行いました。ブログ 掲載にあたりMaitland氏 より承認を得ています。 ロルフィングの5原則とは 全体性  Wholism 適応性  Adaptability サポート  Support 二方向性  Palintonicity 終結  Closure の5つ。 どんな原則なのか、また、 どんな成立過程を経てできたものなのかをうかがい知ることのできる内容となって います。 ロルフィングの新しい発展についても記されています。 色々な方に読んでいただきたい文章です^_^ 尚、翻訳前の原文はこちらに掲載されています。   http://www.jeffreymaitland. com/rolf/rolf_4_dev.html (他の当ブログ記事と同様に、著作権は当方にあります。 文章の複製や 無断転載などは固くお断りします。)    ■      ■      ■  ~ロルフィング®新たな発展~ 1979 年のアイダ・ロルフ博士の死後、ロルフィングの哲学面・ 科学面・アート面は著しい変化を遂げてきました。 博士はワークを教える上での得策として、 10 回のセッションから なる定式的なプロトコル (formulistic protocol) をつくりだし、彼女はその特徴を示して“ レシピ”と呼んだのでした。そのレシピには、 コンセプトに抜けたところがなく、視野が広く、 とても効果があって、 様々な人がその恩恵を受けることができました。 体系的な手技というものは定式的なプロトコルに依拠しているもの です。彼女の 10 セッションレシピはパワフルで効果的ではあるも のの、全ての定式的プロトコルがそうであるように、 明らかな欠点をもっているのも事実です。 生来の素質として、定式的なプロトコルというものは、 理想的な身体や理想的な状態というものが存在していてそれがノー マルさ(正常さ、 normality ) を構成していると決めてかかっています。 まねるべき理想の身体があ

身体の内と外 生活環境

ロルフィング®を受けると、身体の内につながりが感じられたり、さらには、外とのつながり、人との接し方や周辺環境との関わりあい 方にも変化が起こることがあります。 人の動きは、身体からだけ起こるわけではなく、周辺環境への反応 であったり、知覚のありかたにも影響を受けて生成されます。「姿 勢とは外界への反応である。」と言うロルフィング教師もいますが 、人の動きとはinteractive(相互に作用する)なもの です。 そんなわけで、セッションでは、内と外、両方を見ています。 身体の外とのつながりというのも、生活環境のことまで含めると範 囲は広く、各個人の領域でもあり、そこはセッションで扱えるわけ ではないのですが、 外界への反応が姿勢だとすれば、やはり生活環境は大事ですよね。 工夫によって大きく変わるところでもあると思います。 セッションを受けて、身体のレベルで、自分のポジション・居場所 が見つかったら、それに合うように、ちょっとずつ生活にもマイナ ーチェンジを加えていくことで、セッション後のプロセスを、外と うまくつなげられるのではないかと。 もし、セッションの後、あなたが触れたくないものに触れていると 気づいたなら、触れたいものと入れ替えたほうが調子はいいはずで す。 また、自分の感じ方で、触れる対象を選んでいくことで、新しい身 体のポジションも、位置的に良いというだけではなくて、心地のい い居場所になっていきます。 時には、人間関係を見直したり、話し合ったり、といったこともさ れている方もいらっしゃるようです。 一方、ものすごく身体が楽になった、などの体験をされた方であっ ても、それを「やってもらった」こととしてしか見ていないと、そ の後、また戻ってしまう傾向があるように思われます(といっても、全く元通りということはないのですが)。 やってもらうこととしてではなく、セッション後のプロセスをど れくらい自分のこととして扱えるか、というところは、 長い目でみると大切な要素ではないかと思います。 一気にではなく、少しずつ、ゆっくりと、進めていくのがよいです 。頑張らないで、適当に済ませたり、休んだり、怠けたり、という のも全然アリですし、むしろその方がいい、という位に考えると、 ちょうどいいかもしれません。 セッションでは、個々

ロルフィング®説明会 2月12日(日)開催

2月12日(日)13:15~14:45 、ロルフィング®説明会を開催します。 2月10日現在1枠の空きがあります。 ロルフィングとはどういうものか基本的な説明をします。その後、おひとりの参加者の方にデモセッションを提供します。軽いタッチでもお受けになる方の自己調整がはたらいて、身体のバランスがとれてきます。 質疑応答の時間も設けます。 ご参加いただいた方の関心のある点や気になっていることもうかがったうえで、すすめていきたいと思います。 ロルファー™はどんな人で、どんな風にロルフィングしているのか、目で見て確かめるいい機会です。ぜひご参加ください。 オーガニックのお菓子も提供します。 定員4名 参加費¥500 開催場所はStudio aura (地図は こちらです 。) ご予約の上ご参加くださいませ。 ご質問はお気軽にどうぞ。 連絡先:  rolfingmiyagawa@gmail.com     携帯: 080-5690-0250(出られないこともあります。) ホームページ: www.rolfingmiyagawa.com