スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2017の投稿を表示しています

10回シリーズ後 半年経過したクライアントからのご感想

ロルフィング®10回シリーズを受けられて半年たったSさま(女性)にご感想を書いていただきました。 身体的な経験を言葉にするのはなかなか難しいところもありますが、膝のことに絞ってうまくまとめていただきました。ありがとうございます。 ◇   体を動かす事が好きで、四十代まではマラソンに熱を入れていました。ウルトラマラソンも挑戦しようかなどと思っていましたが、半月板を損傷してしまいました。 医師からは手術を勧められ、私もまだスポーツをしたかったので、しばらくリハビリに通い、手術に備えることにしました。リハビリでは歩き方の改善などにも取り組み、自分の筋肉のつき方や、体の動かし方のクセなどに理解が深まってきました。 すると、「このまま手術しても激しい運動をすればまた膝を痛めてしまうのではないか」「もう少し根本的なところで体の動かし方を変えて、それを自覚しなければ、この先も膝のトラブルに苦しむのではないか」と思うようになりました。縁があって一度整体を受けましたが、症状は緩和されたものの私の思うところとは少し違うようでした。 ロルフィングは、治療をうたったものではありませんが、結果的に私の膝には大変良かったようです。膝の痛みや不安感はもちろんなくなりました。体の重心の位置が変わり、脚の筋肉の付き方が変わりました。足の裏のマメやタコがなくなり。足の指の間がゆったりひろがるようになりました。10回のシリーズが終了してからも、外反母趾が少しずつ軽減し続けています。 膝のことに絞って述べてみました。というのは言い出すときりがなく、言葉で説明しにくいためでもあります。 10回のシリーズが終了して半年ほどになります。ロルフィングは自分の身体についての意識がとても深いところで変わる経験でした。「私の身体」のあり方が変わるということは、つまり「私」自身が変わることにつながるようです。さらにそれは私と周りの人との関係にもゆっくりと波及してゆくものだと、感じています。   ☆ Facebookページをはじめています。いいね、してもらえるとうれしいです。フォローしていただけるとブログの更新時にも表示されます。  

Before & After 4年間

以前このブログで紹介したことのあるクライアントの事例ですが、 その後の経過をレポートします。東京での出張セッションです。 70代の頃に腰椎圧迫骨折を経験されている方で、「 身体が傾いて歩きにくい。前を向けない。」とのことで、 最初のご依頼がありました。  クリックすると拡大します。 一番左の写真は2013年春(89歳) 一番右は2017年春のものです(93歳) 一番右以外は、ロルフィング10回シリーズ中の写真です。 矯正的な手法は一切用いていません。軽い圧のタッチのみでワークしています。 1年半ほど前、風邪で寝ていたので体力が落ちたということで、 再度ご依頼があり、セッションを再開しました。 その後 、椅子に座って寝ていた際、 床に落ちるなどのアクシデントもあり、 セッションを約月1回のペースで継続し、終結しました。 身体の自己調整がうまく発揮されるようにワークしていけば、 身体は自らを再配置できます。 居心地のいいポジションを見つけることができ、 それが定着していきます。 元に戻ってしまうことはないのですが、新たな制限が加わるとか、 かなりご高齢の場合などには、 メンテナンスのセッションを受けたほうがよいこともあります。 ロルフィングを受ける前は、医療機関などで姿勢について「 年齢のせい」などと言われていて、 前を向いて歩くことはもうできないかも、と思っていたそう です。 自己調整能力は生きている限りどなたにもあるもので、 そこを見てセッションを重ねていけば、 身体は本来のあり方を思い出していきます。 年齢は関係ありません。 ・写真・文章の掲載にあたり、ご本人からの許可を得ています。 ・完全な定点撮影ではないので、僅かな誤差はあります。 ・身体の統合プロセスはひとりひとり異なります、あくまでもひとつの参考事例としてご覧ください。

ロルフィングのアプローチって?

ロルファーとして、人の身体という組織を見るということ、これは、他のアプローチとは異なるところがあるのですが、そのあたりのことを言葉にしてあまり説明してきていませんでした。 受け始めてすぐに違いを理解される方もいるのですが、他のアプローチとどう違うのか、分かってくるまでに、時間がかかることもあります。 できれば、早い段階で分かり合えたほうが、お互いにとってよいと思うので、たとえを使って説明してみようと思います。 身体を、身体以外の組織、ここでは会社組織にたとえてみて、そこに対するアプローチを、便宜上AとBに分けてみます。 A ある部署で、仕事がうまくいかなくなりはじめた。 そこで、どこで問題が起きているのか特定したり、誰が原因を作っているのかを見つけて、そこを直すことで、再び正常に機能する組織に戻そうとするアプローチ。 これは身体で言うと、肩が重いとか、腰が痛いとかいう、何かの問題があって、 そこから、問題はどの関節なのか、どの筋肉なのかなどと探って、特定して、それを直して、正常な身体に戻す、というようなアプローチですね。 整形外科などに行けば、ほぼこうしたアプローチを受けることになると思われますが、これがロルフィング的かと言うと、そうではない。 B 会社で言うと、まず、みんな一緒にいるのだから、協調しながらお互いうまくやっていきましょう、という発想から始まる。 ひとつの部署で問題が起きたとしても、その部署だけに改善を迫ったり、そこだけに問題をかぶせるのではない。他からどういうサポートが得られると、そうした問題は発生しなくなるか、という発想で取り組む。 問題が発生してから、アプローチを考えるのではなく、より快適に仕事ができる組織を、いつも目指している。 身体で言うと、「腰痛」という部分の問題に対して腰をこうする、というようにひとつの部署内での解決を目指すのではなく、 他と連携を取りやすい位置取りや、協調しやすい動きを提案するなどして、腰の仕事の負担を軽減するように導いたり、といったことをする。 ロルファーはセッションごとに各部署を回りはするが、そのときは、組織全体のために仕事をしてもらうよう促している、といった感じです。 ◇ Aのほうは、フィードバック。問題をフィードバックして、それを直す

ロルフィング®説明会を開催します。

ロルフィング®説明会を開催します。 日時は 5月27日(土)16:00~17:30 6月11日(日)14:30~16:00  まだ空きがあります。6/8現在 です。 ロルフィングをまだ見たことがない、受けたことがない、 という方のために。 ロルフィングとはどういうものか基本的な説明をします。その後、 おひとりの参加者の方にデモセッションを提供します。軽いタッチ でもお受けになる方の自己調整がはたらいて、身体のバランスがと れてきます。 質疑応答の時間も設けます。 デモセッションが中心になりますが、 ご参加いただいた方の関心のある点や気になっていることもうかがった うえで、すすめていきます。 ロルファー™はどんな人で、 どんな風にロルフィングしているのか、目で見て確かめるいい機会です。ぜひご参加ください。 オーガニックのお菓子 も提供します。 定員各4名 参加費¥500 開催場所はStudio aura 中央区大通西23丁目2-25 ( 地図はこちらです。 ) ご予約の上ご参加くださいませ。 ご質問はお気軽にどうぞ。 連絡先:  rolfingmiyagawa@gmail.com     携帯:  080-5690-0250 ホームページ:  www.rolfingmiyagawa.co m