Photo data &ご感想

60代の男性クライアントの事例です。

左が第1セッションの前、右が第9セッションの後の写真です。

ご本人の許可を得て掲載しています。

「歩くときブレなくなったし、片足立ちしてもピシッとしている。」

「身体が開いてきた。」

「いろんなことができなくなってたと思ってたけど、違うんだなあ。」


クリックすると拡大します。


軸骨格と付属骨格のバランスをとるには?
または、体軸と四肢がうまく連携を取るにはどうすればいいか?

などを見ながらセッションを進めました。

脊柱の適切なS字カーブが戻り、

身長は少し伸びていますが、手の指の位置は若干下がっています。

腕は胴体のほうに引き込まれる形になっていましたが、そこから解放され、腕や肩に本来の拡がりが表現されてきています。

矯正的な手法は用いていません。全てのセッションにおいて、ふわっと触れる程度の圧のタッチでワークしています。