スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2018の投稿を表示しています

SE™(Somatic Experiencing®)セッションのご感想

先日、9月21日に、 SE™ トレーニングを修了されているAさん (男性, 作業療法士) にSEセッションを受けていただく機会がありました。 その後、Aさんに感想を書いて頂きました。感覚的なところ、 言語 化するのが難しいところをうまくまとめて頂いています。 多くの方が参考にできる内容になっているので、 ご感想を掲載させて頂くことにしました。(掲載にあたり、 ご本人からの許可を得ています。) セッション後の経過はおひとりおひとり異なります。 あくまでも参考事例のひとつとしてお読みいただければ幸いです。 ◇   ◇   ◇ 今回は、隔膜へのタッチを意識したSEセッションということで、 クライエントとして特にトラウマ的なテーマはなしで臨みました。 体調は良く特に気になるところはありませんでしたし、 気持ちも割りと落ち着いていました。 セッション前に歩いてみた時には、 左下肢を振り出すのに少し重さを感じました。 そして左足先の方へ荷重を移していくのが困難でした。 最初にマッサージテーブルに横になった時には背中の左側が固く感 じました。 宮川さんが間を取って立つ位置によって私は楽に感じられたり、 押されるような圧迫感を感じたりということを体験しました。 最適な場所に立ち続けてくれるだけで、 私の足は外に開いていくようでした。 宮川さんが靴下を脱いで床に足をつけると【※ 靴下がつるつるして床に足がフィットしていないと感じたので、 脱いで床に足を着けなおしました。余震などの影響もあってか、 僕の方も接地の感覚が幾分揺らいでいたかもしれません。(宮川) 】、私の足の裏が軽くなったように感じられ、 宮川さんがマッサージテーブルに両手を触れると、 私の背中はマッサージテーブルに少し沈んでいくように感じました 。 セッションがゆっくりと進むにつれて呼吸をゆっくり深く吐けるよ うになり、マッサージテーブルに接地している部分が広がり、 体全体が暖かくなっていきました。 途中で寒さや筋肉の緊張感が沸き起こりましたが、 強くはならずに徐々に去っていきました。 また、左側を向けない感じにも気付いたのですが、 不随意で頭頸部が動いていき自然と左を向けるようになり、 周辺視野が広がり、 表情筋が緩んでいくのがはっ

”一息つくための 楽に立つための セッション”を提供します 

9月6日(木)未明の地震、その後は大丈夫でしたでしょうか。 電気や水は復旧していますか?皆様の無事を願っています。 セッションルームは通常通りの状態になっているので、営業を再開しています。 心身が落ち着かなくなっている方、身体がグラグラしているように感じられている方も多いようです。 この状況にあわせ、一息つくための、楽に立つための、セッションを提供することにしました。 平らなところに身体を落ちつける 楽に呼吸できる状態へ、身体をリセットする 地面に足を着いたときのフィット感の回復 といったテーマで行います^_^ 服は着たままで受けることができます。軽く身体に触れる手技を用います。 セッションは40分ほどです。 料金は、TIP(チップ)方式とします。セッション料金は無料ですが、プラス心づけとしてお渡しいただける場合は頂戴いたします。(※追記 ¥100〜¥2000を箱に入れて頂きます。箱は10月まで開けません。) ☆印はご予約済みです。 13日(木) 10:00~☆ 11:15~ 16日(日) 15:15~☆ 17:00~☆ 17日(月) 15:15~ 19日(水) 15:15~ 17:00~☆ 22日(土) 12:50~ 23日(日) 15:00~ 17:00~☆ 10月に5枠 セッション枠を設けました 。 10/8 (月)体育の日 15:00〜 ☆ 16:30〜 ☆ 18:00〜 ☆ 10/26(金) 13:45〜☆ 15:30〜 要予約・ご予約先 rolfingmiyagawa@gmail.com 場所 札幌市中央区大通西18丁目1-12カンダミニアム大通502号 地図  http://www.rolfingmiyagawa.com/place.html 実施者 宮川慎一郎 ロルファー™  Somatic Experiencing®上級トレーニング修了者 ※ロルフィング®はアメリカの生化学者アイダ・ロルフ博士によって開発された、より自由な身体の動きを取り戻すためのメソッドです。 ロルフィング® in 札幌 ホームページ   www.rolfingmiyagawa.com