スキップしてメイン コンテンツに移動

Photo data & ご感想 S様の事例

 

きのう日曜日はセッションルームの近くを少しだけ散歩しました。街はこれまで見たことがないくらい静かでした。現状では感染症対策を強化しセッションを続けています。方針についてはこちらをごらんください。


の投稿では、クライアントS様の事例を紹介します。文章と写真の掲載にあたり、事前にご本人からの了承を得ています。

S様から伺った、第1セッションを受けるまでの経緯を以下に記します。

↓↓

20192月、首にあった神経鞘腫を除去するために外科的手術を受けた。

その後、体調を崩した。(落ち着かない、疲労感がある、眠りが浅い、など)また、主訴であった首の動かしにくさなどは改善しなかった。

医師にそのことを告げると「手術の後は後遺症が出ることもありますよ。(一般論として)」と言われた。理学療法などのケアは無し。

その後、甘いものなどを食べる→落ち着く、という(以前からある)パターンが強くなり体重が少しずつ増えていった。

整体、マッサージ、針治療などを試したが体調は変わらず、知人からの紹介で札幌で宮川からロルフィング®︎を受けることを勧められた。


◯宮川からのメモ

侵襲的な外科的手術によって、後遺症(自律神経系の調整不全)が起きていたものと推察できます。

1セッション 201910月札幌にて

10回シリーズ終了後、ご依頼に応じて第12セッションまで実施

12セッション 2020年3月御茶ノ水にて
2020年に介護職で転勤。関東にお引越しされています。勤務は続けているそうです。)

写真データは以下です。左から、第1セッションの前、第5セッションの後、第12セッションの後です。写真はクリックすると拡大します。



全体的に圧縮された状態から伸びやかな状態に変化しています。

S様より第12セッション後に頂いたコメントを以下に記します。

↓↓

ロルフィングを受ける前と後ではまったく別。

食事は"これくらいでいい"というのが分かるようになったので、食べ過ぎなくなって、特に何もしなくても体重を落とせました。

疲れにくく、よく眠れるようになりました。

身体がすごく軽い。

走っても大丈夫です。

↑↑

◯宮川からのメモ

行っているのはロルフィングですが、SE™Somatic Experiencing®)を参考にしつつワークしました。SE™は米国のピーター・ラヴィーン博士が開発した自律神経の調整不全に対する技法です。自律神経系が再調整され、落ち着かない状態から落ち着いた状態へと戻ることができたと考えられます。


・セッション後の経過はおひとりおひとり異なります。あくまでも参考事例のひとつとしてごらんください。
・写真は完全な定点撮影ではなく、カメラの位置、立ち位置に若干のずれがあります。
・服装などによっても印象は変わるため写真での評価は難しいですが、明らかなこともあるためここでは掲載しました。

ホームページ
www.rolfingshin.com

このブログの人気の投稿

SE™の個人用ウェブサイトを作りました

ソマティックエクスペリエンシング®(SE™)の個人用ウェブサイトを作りました。 https://www.somaticworks.jp ロルフィング®とは活動を分けたいので、今後こちらにSE™の情報をアップすることは基本的にありません。 SEは身体と神経系の統合を目指すトラウマワークです。 どうぞよろしくお願いします。

経過報告 アトピーに関して

秋たけなわ。 札幌もいわ山ロープウェイからの風景です。紅葉が色付きはじめていますね。 ◇ この投稿では、以前、このブログにアップしたクライアントA様の事例を違った角度から紹介します。 以前の投稿はこちらです。参考のためご覧下さい。 最後の写真を撮った第11セッション後、1年が経過しています。ご 本人からメールで「アトピーはその後ずっと出ていません。」との ご連絡を頂いています。 セッション後1年間の経過が確認でき、アトピーは完治したと判断できるので、 これを機に再度ご本人からの了承(写真、文章の内容について了承)を得て、膝から下の写真(炎症が出ていた部位)と補足説明を掲載することにしました。 左から、Before1、After3、 After 7、 After 11の写真です。 はじめは出血が観察され、ご自身の判断で下に敷くタオルケットをご持参されていましたが、途中からは必要なくなりました。 写真はクリックすると拡大します。 アレルギー反応には、トラウマ由来(自律神経の調整不全由来)の ものもあります。 鉗子分娩や吸引分娩による出産の影響は多岐にわたり、神経系だけ でなく、連携して動いている免疫系にも影響を及ぼす可能性があり ます。 A様のアトピー性皮膚炎に関しては、そうした背景があるものと推察しています。 タッチと会話(共に対話という意味では同じ)を介し 、神経系の置かれている状況が変わり、本来の自己調整能が発揮されてくるのを待ちながら、ゆっくりとしたペースでセッションを進めました。 「車で往復5時間近くかけて通うのは大変ではありましたが、その価値は十分あったと思っています。宮川さんのロルフィングを受けることが出来て、本当に良かったで す。改めて、ありがとうございます。」 とのご連絡を頂いています。こちらこそ、遠方からお越し頂きありがとうございます。 ※A様は、食事については気をつけておられ、ご自身の判断で皮膚炎との関連があるかも知れない食品(小麦、砂糖、添加物などで、因果関係は不明とのこと)は以前から避けるようにしてきたそうです。セッションを受けるにあたって新たな食事管理などはしていないそうです。 ※ SE™(Somatic Experiencing®)セッションは実施していませんが